Month: November 2020

自己紹介

初めてのブログ投稿なので自己紹介をさせていただきます。CS学部3年の山口舜です。中学生のころから八王子市に住んでいて、最寄り駅は京王線の長沼駅で京王八王子駅まで2駅なのですが、八王子駅からバスで学校に通うより自転車のほうが早いので自転車で学校に通っています。ここら辺は坂が多く、夏は汗がやばくて毎年大変だったのでオンライン授業になり、今年は苦労せず乗り越えられてよかったです。趣味はゲームと漫画で、最近はキングダムを全巻読んでめっちゃはまったのでおすすめです!キングダムはアニメもあるのですが、CGで作られていて作画があれなのでぜひ漫画で見てほしいです!(アニメ3期はコロナの影響でまだ4話までしか放送されていないけど、作画良くなってたので期待しています!)研究室ではまず創成課題を頑張りたいと思うので、困っているとき助けていただけるととてもうれしいです!これからよろしくお願いします!

自己紹介

初めてのブログ投稿の為自己紹介をしたいと思います。CS学部3年の野木空良です。出身は神奈川県の相模原市の為横浜線と小田急線で通っています。趣味はスケートボードとK-POP鑑賞です。スケートボードは今年から練習し始めたのでまだまだ未熟ですが意外と良い運動になるので運動不足の時にはおすすめだと思います!CDSL研究室に入った理由は自分の第一希望企業がクラウドやIoTをメインに扱っているところだった為です。研究室に入り2か月経ちようやく周りの先輩や同級生とも打ち解けてきたのでこれからの活動が楽しみです!創成課題では新しく学ぶことが多く大変な時期になりますが、親身に相談を聞いてくれる先輩方や同級生のおかげで大きく成長できる時期だと感じます!これからもよろしくお願いします!

大規模なゲームを運用するということ

お久しぶりですCDSLの高木です.みなさんはFortnite: Battle RoyaleやApex Legends, Warframeなどのビデオゲームをご存知でしょうか?(Apex楽しいですよね😇)今回はただプレイするだけでなく, どうやって動いているのかAWSのブログを参考に少し紹介したいと思います. これら多くのビデオゲームでは,プレイヤーがゲームの一部に無料でアクセスできる「Free-to-Play(参考:wiki, NEXONブログ)」モデルを採用しています.このようなゲームは低品質を無料で提供しているわけではなく,今やプレミアムな品質を必要としています(その高品質ゆえプレイヤーが増えるわけですね).その運用のためには,プレイヤーへの影響を最小限に抑え,コストを最適化するメカニズムが必要となります.AWSブログではゲームサーバーワークロード(参考:IT用語辞典)について触れていたので, その一部を抜粋しました. マルチプレイヤーで行うゲームのサーバーは,現在のキャラクターの位置とアニメーションを更新していくのにほとんどの時間を費やします(下の画像でいうと, キャラクターが立っている位置座標の更新とキャラ操作です).残りの時間は,戦闘に関するアクションや移動,その他ゲームイベントに関連する画像の更新に費やされます(下の画像でいうと,銃のエイム,リコイル制御,銃弾のエフェクト等です).ゲームサーバのCPUはこのキャラクターの位置情報を取得,いろんな演算処理を行い,他のプレイヤーに送信するという処理を主に行っています. このマルチプレイヤーゲームサーバの展開に,CDSLでも使っている人もいるKubernetesやSwarmといったコンテナベースのオーケストレーションによるデプロイというのも考えられます.コンテナは軽量で高速に起動し,インスタンスの使用率が向上するためワークロードに適しているそうです. ゲームサーバはステートフル(参考:IT用語辞典)なワークロードなため,冗長性の無い1つだけの専用ゲームサーバインスタンスとして実行されます.複数のゲームサーバに対してトラフィックを分散させるようにロードバランサ―を使用するケースも多いようです.以下のアーキテクチャはAmazon EKSにおけるオンデマンド/スポットインスタンスを混在させたマルチプレイヤーゲームサーバのアーキテクチャです.1つのVPC(Virtual Private Cloud)では,マスターホストとストレージホストには高可用性(参考:IT用語辞典)が求められるためにオンデマンドインスタンスを利用しています. マルチプレイヤー向けのゲームサーバは数分から数時間の間で持続し消失するプロセスで実装されています.この1つのプロセスに私たちは何度もインして遊んでいるわけですね.ゲーム中に「重いな」「これバグか?」と思ったら裏側を想像してみると面白いかもしれません. それではまた! 参考:AWSブログ, 原文

第三回テクニカルレポート

こんにちは,多川です。 今回は,今取り組んでいるテクニカルレポートについて書きます. 四年生は,今回三回目で最後になるテクニカルレポート執筆ですが, 締め切りがそこにあると予め分かっていても中々筆が進まないものです…. (締め切りがないと私はギリギリまでやらない気がする) また,このテクニカルレポートをベースにして卒業論文を書くということもあって提案の検証を行ったり結果をまとめたりと今までのテクニカルレポートより大変だと思います. 加えて四年生の卒業論文は,この研究室初の論文となるため全てが未知数で緊張するものとなっていて私自身も震えています…. さて,今回はこの辺で失礼させていただきますが,機会があればまた執筆をさせていただきたいと思います.

自己紹介

初めてのブログ投稿なので自己紹介をします。CS学部3年の柴智瀚です。出身は中国の北京です。趣味はゲーム、バスケットボールと映画を見ることです。よろしくお願いします! 自分は高校卒業してから日本に留学しようと決まったので、日本語の勉強もそこからのです。大学に入学する前に2年足らずで日本語を勉強しましたがやはり大変足りないと気がします。授業中にも時々単語を調べながら受けて、レポートを書く時でもgoogle translateなどの機能を借りて正しい日本語表現をするようにします。しかし、人と直接話す時にはそんなことができないので、わからない時に沈黙のまましかないから、みんなと普通にコミュニケーションをするためこれからはもっと日本語を勉強しなければならないと痛感します。

クレジットカードブランドとカード発行会社について

どうもお久しぶりです杉本です. 実は私,現在某クレジットカード会社の某部署に勤めておりまして,今回はその際によくよくカード利用者が勘違いをしていることについてお話をしたいと思います. またクレジットカードを持っているそこの君も,これからクレジットカードを持とうとするそこの君も,この話だけはよく理解した上でカードは作ってくれよな! 本題です. クレジットカードの種類はいくつありますか?と質問されて皆さんはなんと答えますでしょうか? 日本人だと,「JCB」「VISA」「Master」「AMEX」が主な回答になるのだと思います.(たぶん) さて,これは本当にカードの種類なのでしょうか. 答えは「NO」です. これはクレジットカードの種類ではなくクレジットカード”ブランド”の種類となります. クレジットカードブランドとは,アクワイアラー,つまり加盟店業務と呼ばれる業務を担っているクレジットカード会社のことを呼びます.カードの発行業務や与信管理業務はアクワイアラーでは行いません. いやいや,VISAカードって言うじゃないですか.VISAカードはないんですか! と思われる方もいらっしゃると思いますが,正確にはVISA発行のVISAカードは1枚もありません. ここが本当に勘違いされている方が大量にいるのですが,VISAとMasterはカードの発行は行なっていません.つまり真の意味で言うVISAカード,Masterカードは存在しないということです. ちなみに,JCBは上記とは異なり,JCB発行のカード「オリジナルシリーズ」といういわゆるプロパーカードというものが発行されています. では真の意味のVISAカードが無かったら,このVISAカードはなんなんだ!となります. そのVISAカードを作っているクレジットカード会社がクレジットカード発行会社になります.クレジットカード発行会社がアクワイアラーではなく,カード発行業務,与信管理業務を担うイシュアーと呼ばれる役割をになっています. VISAカードだと,三菱UFJニコスのVISA,三井住友のVISA,みずほ銀行のVISA・・・ Masterカードだと,三井住友のMaster,日立キャピタルのMaster,肥後銀行のMaster・・・ このように,VISA,Masterでも沢山のクレジットカード会社が発行しています. そして,上記でイシュアーは各クレジットカード発行会社が行なっていると書きましたが,カード利用承認可否,カード与信枠設定,個人情報管理,各コールセンター窓口は全て各々の発行会社で異なって設定しています. その為,三井住友VISAを持っている人が三菱UFJニコスのVISAの窓口に電話をかけても三井住友の情報は三菱UFJニコスは全くわからない状態であるため,かけ直しをするはめになったりするのです.(よくここでクレームが発生するんだ...) JCBも同様に,プロパーカードであればJCB受付のものも,イオンフィナンシャルサービスや楽天カード発行のJCBカードは各カード発行会社での受付となっています. まあこんな感じ(飽きた)でカードのブランドと発行会社は決して同一ではなくて,カードのことについて聞きたい時はちゃんと発行会社を確認してから電話してきてくださいってことです.そして電話口で「同じVISA/JCB/Masterなんだから調べられないのか!!」と大声をだしてどならないようにお願い致します. クレジットカードの詳細についてもっと知りたい人は杉本までお声がけください.一般的なことであれば説明します.

自己紹介

初めてのブログ投稿なので自己紹介をします!CS学部3年の田中風助です。趣味はスポーツ観戦と漫画を読むことです。スポーツは全般行けます。漫画は特に少年ジャンプの作品が好きで毎週読んでいます。名作がたくさんあります。この研究室を選んだ理由は「IoTって面白そう!」という単純な理由です。研究室に入って何週間か経ちましたが、正直分からないことだらけです。先が不安ではありますが、どうせならいろんなことに興味をもって多くの事を学んでいきたいと思います。