ESXiが起動できなくなったのでBIOSアップデートをしました。

学校の停電復旧時からVMware ESXiにアクセスできないという連絡を頂きました。

出力されたエラー

大学に登校した際にサーバを確認した所、

Hardware RNG raw data failed health check.   Random HWRNG health check FAILED.

と表示され、正常に起動できていませんでした。

PSODを撮る山本を撮る高橋を撮る高橋

良い色🟪のエラーですね。

この紫の画面、PSOD ( Purple Screen of Diagnostics / Purple Screen of Death )と言うらしく、Windowsで言うブルースクリーンと同じみたいです。

原因の特定作業1

SSD、マザーボード、メモリ、CPU、何が悪いのか、構成を変更して原因の特定作業を行いました。

夏季休暇前に配属された3年生の井田くん平尾くんが特定作業を手伝ってくれました🌟

原因の特定作業2

エラーが発生したサーバのマザーボードからM.2 SSDを取り出し、別のマザーボードで起動させた所、

正常起動した為、高確率でマザーボードに原因があると考えました。

マザーボード

BIOSのファームウェアやドライバを最新にすると治るという記事を見つけたので、マザーボードのBIOSアップデートを行う事にしました。

エラーが発生したサーバのマザーボードはX570-PRO、CPUは8 CPUs x AMD Ryzen 7 3800X 8-Core Processorを使用しています。

BIOSアップデート1

X570-PROはASUS EZ Flash 3ユーティリティを使用する事で、ネットワーク経由でBIOSアップデートが可能みたいです。BIOSのアップデートも楽にできるようになりましたね!

BIOSアップデート2

バージョン0411から3001にアップデートを行いました。結構古いバージョンが入っていたようですね。

BIOS設定

BIOSアップデート後、CMOSクリア(BIOS 設定初期化)を行ったのと近い状況になり、ESXiを動かす為の設定も初期化されてしまいました。その為、ESXiに必要な設定を変更しました。

ESXi管理画面

BIOSの設定を変更後、PSODが表示される事無く、正常起動しました!

私も家のパソコンのBIOSアップデートしようかな〜!

後期もがんばります!それでは✋

Leave a Reply