Category: ブログ

GIoTS 2022 での学会発表 ~ IoT Week編 ~

CDSLの高木です.続いて第2弾のIoT Week編です!今回Global IoT Summit (GIoTS)に論文を投稿しましたが,同時にIoT Weekも開催されており,そちらのレポートをさせていただきます. 私たちは6/20の午前中にはホテルに到着していたので,12時から初日は参加しました.開催場所はなんとホテルの目の前!!!歩いて1分もかからないのでとても楽でした. GIoTSは1つのセッションとして組み込まれているようで,同じ時間帯に複数のセッションがあるため,自分の好きなところを回っていくような感じでした. また,各部屋で行われるセッションだけでなく,各企業ブースもあり自由にお話を聞く機会がありました.お昼の時間帯や1つ目や3つ目のセッションが終わったタイミングでBreakがあり,食事を取って小休憩しつつ談話する雰囲気でした. 1日目のお昼にカレーっぽい何かを食べましたが…これはカレーじゃなかったです…笑 自分は4日間様々なセッションに参加しましたが,IoTの一般的な解説や議論に関する話や専門的な技術に関する話,ビジネスに関する話というように部屋によって傾向が分かれていました.4階では一般的な話が多く,5階は各企業ブースがメインで,6階が専門的な技術の話が多かったです. まずは4階についての話ですが,自分は主にEUでのIoTの動向や現状の課題について聞くようにしていました.後輩に教えてあげられるような技術課題やユースケースを1つでも知ろうとしていました笑テーブルがある部屋ではしっかり水もあり,とても快適に話を聞いていました. 自分が聞いた範囲ではIoTと機械学習を組み合わせるものが多く,機器自体の性能や接続の遅延によって学習までの時間や精度が影響する話が興味深かったです.IoT機器で機械学習やり始めたらもうコンピュータじゃん!とは思いましたが…笑 4階の他の部屋ではリモートでの講演多く,短い時間で人が入れ替わって話をしていくのでかなり疲労が溜まりました…マシンガントークの人は本当やばいです…日本語以外のリスニングに慣れないといけないなと感じました. 6階の部屋では主にGIoTSのセッションが行われ,技術的な内容が多かったです.アーキテクチャを提案する人からしっかりと結果まで出している人まで様々でした.聞いている中で思ったのはやはりユースケースがしっかりしていると研究内容の理解が深まるということです.産業と連携させたり,ドローンに用いたり,動物に取り付けたりと提案が使用される場面が想起できるとわかりやすくなるため,自分も気をつけようと思いました. セッションとは関係ないですが,1日目の夜にはレセプションがあり,食事を参加する人と一緒に食べました.自分はこの時全然話せなかったのですが,こういう場で新しいコミュニティを作っていくべきなんだと感じました. IoT Week編では4日間どのような雰囲気の場だったのかをお話しさせていただきました.最初の2日間は耳も慣れておらず,先生以外はほとんど話をしていませんでしたが,少しずつ自分から話しかけたり聞けるようになったため,とても良い経験を得られました!みなさんも海外の学会に参加した際は積極的に話すようにしてみてくださいね!

GIoTS 2022 での学会発表 ~ 出国・入国編 ~

こんにちは!CDSL M2の高木です.今回は論文がacceptされ,Global IoT Summit 2022に参加してきたのでその報告を兼ねてブログを執筆します! 自分は今回が初めての海外だったので,とても大変かつ新鮮なことが多かったです.今回は一週間という長い旅だったので,4回に分けてお話ししたいと思います. 出国・入国編では,目的地であるアイルランドのダブリンまでの道すがらを話していきます.まず,パスポートの取得から始まり,ワクチン接種証明書の申請,出国準備を整えました.日本から出国される方は外務省のホームページを確認してくださいね!そして当日に成田空港へ! いくつかカウンターがあり,航空会社によってA〜のアルファベットが異なります.また,エコノミーとビジネス以降は分けられているので注意です!今回はETIHAD航空を利用したのでAでチェックインを行いました.7kg以下の荷物で飛行機内に持ち込むものには以下のようなタグが付けられます.その後手荷物検査等の出国に関するチェックが行われます. 検査時には液体物の持ち込みがないかや危険物がないかがチェックされます.自分は初めてで戸惑いましたが,香水や化粧水はジップロックに入れ,電子機器類は外に取り出せばOKです!なんとか出国検査を抜け,搭乗口付近まで移動しました. 検査後は免税店や待機所が多数あるので,ご飯を食べたり買い物をして待つのが良いと思います.そして,いざ搭乗へ!!! エコノミーの席はこのような感じでした.まだ日本語でのアナウンスもありますが,機長やメインのアナウンスは全て英語です.今回の目的地はアイルランドですが,国外の情勢的に北回りが難しいので,アラブ首長国連邦のダブダビを経由して向かいます.日本を17:00 JSTに出国し,アブダビに到着したのは4:00 JSTでした…😢現地時間だと23:00 GSTです.11時間の旅では機内食を食べたりスライドを作ったり寝たりしていました😴機内食はこんな感じで普通に美味しかったです! 飛行機の到着時は沖止めだったのでバスで空港内まで運ばれました🚍ちなみにめちゃくちゃ外暑かったです…アブダビの空港はアラビア語と英語が混在しており,通貨の単位もAED(Arab Emirates dirham)と全く知らない単価でした… 少し待機した後に再度アイルランド行きの飛行機に乗り込み,そこから8時間ほど過ごしていました…機内食も美味しかったですが,当時自分の発表のことで頭がいっぱいでした😵‍💫 そして無事アイルランドのダブリンに到着しました!入国審査や荷物を受け取りを行いました.この時に先生の荷物がなかなか見つからず探し回りました笑その後,空港を出てまずはお金の両替をしてもらいました.ダブリンではユーロやユーロセントが使われているので,円と交換してもらいました. 拠点となるホテルまではバスで近くのバス停まで行き,ヨーロッパの街並みを見ながら徒歩で向かいました. そしてホテルに到着!!!内装はかなり綺麗で,滞在した4日間はとても満喫できました! 今回は日本を出国してからホテルまでの流れについてまとめました!ダブリンでの生活や学会発表・IoT Weekに関する話は順次まとめていきます🫡

富士山に登りたいと思っている話

お久しぶりです、学部4年になりました廣居です。4年になっておおよそ3か月が経ち、そろそろ大学生活も終盤に差し掛かっています.大学4年間振り返ってみると大学生っぽいことしてこなかったなと思っています。本当にやりたいと思っていたことはたくさんあって、主にアウトドアなんですけど、 富士山で一番クチコミ評価が最悪な宿に泊まってご来光拝む 北海道を原付で一周しつつ三毛別羆事件の現場に行く しまなみ海道サイクリング中に海鮮系食べまくる ヒッチハイクで地元山形県まで東京から帰る 石垣島でカヤック 石川マラソンに参加して浜辺美波さんに会う こんな感じで具体的にやりたいことが何個かあったのですが、大学生中にできることは1個か2個かなって思っています。そこで今回、一番現実的な、富士山で一番クチコミ評価が最悪な宿に泊まってご来光拝むというのを夏休みにやろうかなって思っています。 富士山に登りたいなと思ったきっかけは、モーニング娘。’22の森戸知沙希さんが好きで(6/20に卒業してしまいました泣)、この方が富士山登山している動画をみたことです。富士山絶対登るの大変なのにめちゃくちゃ笑顔だったんです。すごいなと思って、なんでこんな楽しそうなんだろう気になる!って思いました。で、実際行くとなったら、登山コース選んで宿泊する山小屋選んでという風になるんですが、山小屋すごく数が多くてどこに泊まっていいか全然わかんないんです。最近建ったWi-Fi完備のきれいな宿もあれば、渋い(笑)というような宿もあって選び放題なんですよね。大方の人はきれいなWi-Fi完備の宿に泊まりたいという風になると思います(実際、私もきれいな宿の方が良いなって思いました)。 しかし、渋い宿って大学生の今じゃないと泊まれないと思ったんです! 富士山は有名な山なのでおそらく人生で2,3回は登る機会があると思います。そうすると、一番最初に上ったときに綺麗な宿に泊まってしまえば、それ以降もきれいな宿にしか泊まれなくなる気がするんです。贅沢のレベルは下げられないってよくいいます。あとは、お金も貯まるしプライドも貯まる。しかし、人生経験という点では渋い宿は、それなりの歴史があると思いますし、接客態度も悪い(口コミで書いてありました)、この辺経験しとかないと損なのかなと思っています。 大学生にしかできない無謀な旅や経験は、思い出としてよく残りますし、笑い話にもなりますし、今後の人生のためにも結構いいと思って、夏に富士山に行くときは最悪なクチコミの宿に泊まろうと思いました。

高木さんからダブリンのプレゼントをいただきました!!ありがとう!!

ダブリンにいった高木さんから豪華なプレゼントをもらいました!!ありがとうございます!! ちなみに画像の中の右側の棒のようなものはミルクチョコレートで味はカラメルクランチとIRISH CREAMです! カラメルクランチはカラメルのクランチですが,IRISH CREAMはアイルランド原産のウイスキーとミルクをまぜたリキュールなのです!とても良いです!!💫 おいしく食べさせていただきます,ごちそうさまです〜! P.S. ダブリンでの国際学会お疲れ様でした!

YouTubeで学べるインド英語

こんにちは,学部4年の富田です.現在私はインドのムンバイにあるアミティ大学の学生との合同プロジェクトに参加してるのですが,インド英語の聞き取りに大苦戦をしています. 今回はインド英語をYouTubeで学べる動画をまとめていきたいと思います! 多民族国家・多言語国家 インドの公用語はヒンドゥー語とされています.しかし, 地域によってヒンドゥー語を話さず他の言語で会話をしているところもあります.インドは多民族国家であり, 同じインド人でも全く違う言語を話していることも珍しくないらしいです. 図1は地域によって話されている言語を表しています. 図1を見るだけで地域によって全く違う言語を話していることがわかります.ヒンドゥー語も含めると22の言語がインドでは話されており,世界有数の多言語国家と言われています.ヒンドゥー語のイメージしかなかったのですが,これだけの言語が話されているとは驚きました.近年インド全体で英語教育に力を入れており, インド人同士で英語でコミュニケーションを取る場合が多いみたいです.そのためか英語人口では1位のアメリカに続いて2位がインドのようです(人口比が11.38%で2位なので完全に数の暴力…) 近年インドはIT大国とも言われており,ITの成長が著しいです.僕の就職先もインド人がいるみたいなのでインド英語を聞き取れるだけでも強い武器になります!なので,YouTubeで学びましょう!!!!!! 本物のインド英語がすごすぎるw【Mallika Vlogs】 この動画はインド人YouTuberのインド英語の解説をしています.インド英語はどんな特徴があるのかがわかります. How to Speak: INDIAN Accent インド人の方がインドアクセントの喋り方について解説してくれています.字幕もついているのでインド英語の発音練習もしやすいです. Do Indians Know How Their English Accent Sounds? | ASIAN BOSS 実際のインド人にインタビューしている動画です.字幕もあるので実際に話されているインド英語を学ぶことができます. まとめ 今回はYouTubeで学べるインド英語の動画についてまとめていきました.現在インド人の学生とプロジェクトを組んでいるので,興味ある方はぜひ研究室見学お待ちしております!

【安価!】povo2.0とポケットWi-FiでIoT機器用モバイルネットワーク環境の構築

お久しぶりです!のすけです! 低消費電力なSoCのマイクロコントローラであるESP32を研究室で扱っています。 ESP32はWi-Fiを搭載していますが、LTEや4Gと呼ばれるモバイルネットワークを搭載していません。 今回は、外出先でESP32からサーバへデータを送る環境を構築したいと思います。 今回やりたい事 ESP32はセンサ(温度・湿度・照度・人感)を接続する事ができ、取得した値をサーバへ送信する事ができます。 今回はESP32(ESP32-DevKitC)にGPS受信機を接続し、ESP32の位置情報をインターネット上で確認できるようにしていきたいと思います。 今回使用した物 povo2.0 2021年9月29日からauがサービス開始したモバイルネットワークサービスです。 基本料金は無料で高速通信は必要に応じて「トッピング」という形で購入します。 トッピングをしなくても、常時128kbpsで通信は可能な為、IoT機器向けのモバイルネットワーク環境として使用できるのではないかと考えました。 注意点として、最後のトッピング購入から180日以上経過すると契約解除されます。 契約解除される前に24 時間データ使い放題(330円/回)を購入して運用していきたいと考えています。 Speed Wi-Fi NEXT W05 2018年1月19日に発売されたモバイルWi-Fiです。au版とUQWiMAX版があります。 今回は解約済みUQ WiMAX版を友人から譲り受けました。 メルカリで検索すると1000円~3000円程で購入できる為、おすすめです。 ESP32-DevKitC Wi-FiやBluetooth通信が可能な低消費電力SoCのマイクロコントローラです。 ファームウェアはMicroPython v1.18を使用します。 GPSモジュール 秋月電子通称で購入したGPS受信機キットを使用します。 サーバ 個人で契約しているConoHa VPSを使用します。 モバイルバッテリ 外出先でESP32とSpeed Wi-Fi NEXT W05に給電します。 セットアップ SIMカードの挿入 Speed Wi-Fi NEXT W05の電源を切った状態でpovoのSIMカードを挿入します。 SIMカード有効化 povo2.0アプリを使用してSIMカードの有効化を行います。 APNの設定 情報 → SSID に記載されている情報を使用してパソコンやスマートフォンからSpeed Wi-Fi NEXT W05 のWi-Fiに接続します。 Speed…

Read the full article

India-Japan Cooperative Learning 2022/6/3

前回(5/20) なんやかんやで4回目になりますね 本日はお互いの大学とその町について紹介しました!CDSLからは学部4年の富田くんと廣居くんがプレゼンをしました! 八王子ラーメンや高尾山についての説明に加え、今年新しく大学内に出来た休憩スペースの紹介なども行いました。 インドの学生もプレゼンしてくれました! キャンパスが綺麗で驚きました笑そしてプレゼンが非常に見やすかったです(内容がパクられてた部分もありましたが…笑) 互いに質問しあい、お互いのことを知れたのではないでしょうか。 この記事を見てくれている学生も増えてきているとのことなので、是非興味を持った方はCDSLに見学しに来てくださいね!!

cronの設定場所

学部4年の高橋風太です. 卒業課題でcronを使いたくなったのですが,設定方法が複数あったのでどう設定しようか迷っていました.今回は設定場所について記載されているサイトを見つけたので紹介していこうと思います. cronとはプログラムを自動実行するためのデーモンです.例えば,CDSLではVMの定期的な自動バックアップを行うために使われています. cronにはそれぞれ cron設定ファイル: ・/var/spool/cron/crontabs/[USER]・/etc/crontab 定期実行させたいシェルスクリプトを置くためのディレクトリ:・/etc/cron.hourly・/etc/cron.daily・/etc/cron.monthly・/etc/cron.weekly cron設定ファイルを置くためのディレクトリ:・/etc/cron.d が存在します[1]. また,ネットで検索すると 1:crontab -eでvar/spool/cron/crontabs/[USER]に書き込む方法 2:/etc/cron.d内にファイルを作成する方法 3:/etc/cron.(hourly|daily|weekly|monthly)/内に設定する方法 4:/etc/crontabで設定する方法 があります[2]. 結論として,crontab -rで間違えて設定を削除しないよう,/etc/cron.d内に設定するのがよさそうです.cron.dは本来インストールされたパッケージ専用のディレクトリらしいですが,プロジェクトや担当者毎にファイルを分けられるので良さそうです. 参考文献: [1]penpenメモ,”色々なcronの場所と違い【Ubuntu 18.04.4 LTS】”,https://penpen-dev.com/blog/cron/ [2]とーますメモ,”【cron】改めてcronの設定方法について勉強し直してみた”,https://thoames.hatenadiary.jp/entry/2018/12/30/101021

情報処理学会 DPS191(沖縄)にて発表してきました

大学院2年の杉本です 5月26日,27日に開催された情報処理学会 第191回 マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)にて研究発表を行ってきました 沖縄県の北谷町商工会にて対面とオンラインのハイブリッドで開催されました 今回私は沖縄に行って対面で発表してきましたので備忘録含めてどんな様子だったか書いていきたいと思います 5月26日の7:30発の便で行くため,羽田空港に6:30に到着しました(朝3時起きの家を4時に出ました…) 航空機に乗るのはは高校2年の修学旅行以来でした あと羽田空港に新設されたD滑走路から離陸したことが個人的に少し興奮していました↓ 沖縄に到着し現地まで向かうのですが,串田先生がレンタカーを借りてくださっていたので助席におじゃまして景色を楽しみながら向かいました 現地まで距離がかなりあり,車でも約40分ほどかかった気がします 会場である北谷町商工会に到着したのですが,発表順番と到着時間がギリギリだったこともあり席に着いてすぐに呼ばれ一息つく暇もなく発表となりました…笑 発表は「電池残量にもとづく無線中継機能のON/OFFによるデータ受信期間の延長」という題で行いました たくさんの大学の先生と生徒が話を真剣に聞いてくださり普通は緊張するものですが,前の生徒の発表を聞いていなかったりまだ一息ついていなかったのもあり全く緊張することなく落ち着いて発表することができました 逆によかったです…笑 質疑応答では時間いっぱいに,たくさんの質問を頂きました質問をたくさんされるということは発表内容を理解してもらっているということになると思います 今回の発表ではアニメーションをふんだんに用いて作成し,違う分野の人でもなるべく容易に理解できるように工夫したことが伝わったのだと思います (レビューしてくれた研究室のみんなありがとう!!!;;) ちなみに今回Slackにてテキストで質問を頂いたのは全発表者中私だけでした笑 発表が終わってお昼休みになったので串田先生と一緒にご飯を食べに行きました 近くの沖縄料理を出している食事処がかなり混んでいたので近くのチェーン店に行きました 初日の午前中で発表が終わったのでそれ以降はずっと他の生徒の発表を聞いていました 機械学習や深層学習といった研究が非常に多かった印象です やはりトレンディーな技術なので人気なのでしょうか 私はあまり詳しくなかったですが,気になるところがあれば積極的に質問させていただきました 初日の発表の後,同様に串田先生とインド料理を食べに行きました!(沖縄なのに!?) カレーやターメリックライスやアイスがバイキングで食べ放題だったのでとてもテンションがあがりましたね 写真にはバイキングを楽しむ串田先生がおられますね^^ 3時間ほど何かと串田先生とお話ししました 特に面白かった話はアメリカの航空事情によって先生が苦しめられていた話ですかね笑 私はなにかとずっと笑って聞いていたと思います みんなも絶対に聞いた方がいい 夕食後はホテルで死んだように寝ました(朝3時から寝てなかったので) ただホテルがとても広くて綺麗でのびのびできたのはよかったです 部屋から眺める景色も綺麗でした(雨) 2日目も同様に朝から発表を聞いていました 特に1日目と変わらず聞いていました 相変わらず全ての分野で機械学習が多かったな・・・という印象ですね! ただ帰りの便が18時くらいだったため最後まではいれずギリギリで抜けて大急ぎで那覇空港へ向かいました;; 那覇空港に着いたからはもう大忙しでした 出発30分で,大量の紅芋タルトを買って,搭乗手続きを済ませました 総じてとても良い研究発表 in 沖縄でした ありがとうございました

最近

こんにちは!CDSL学部4年の小林です.前回の投稿では私自身の自己紹介をさせて頂いたので,今回は最近の私に関し話そうと思います. 研究室の活動としては学部3年にて,初めて創生課題でBLE(Bluetooth Low Energy)のRSSI(Received Signal Strength Indicator)を用いた屋内測位に関し,テクニカルレポートにまとめさせて頂き,今年学部4年では卒業課題という形で自律航法に関してやらさせていただいています.私の中ではまずまずの進みですが,正直少し焦っています…💦 また学部4年となり,勉強会が研究室の活動としては増えたのですが,私自身興味があることを手を動かし目に見える形として成果が出るような勉強会であり,とても楽しく勉強になる勉強会になっています.先輩方に感謝です. しかし学部4年となった私は活動内容が終わると最近では時間ぴったりに終わりダッシュで帰っています.その理由としては午後の活動に支障を及ばさないようにです.すぐにバスに乗ることができないと家に帰れる電車は1時間後となりメンタルブレイクと共に午後の活動も共にブレイクです.八王子-都留で新幹線もしくはプライベートトレイン?自家用電車?欲しいです…泣 研究室は相変わらず先輩も優しく勉強となる空間であり楽しい空間になっています. また私生活の最近では,自己紹介の時に好きな女性のタイプとして”イケイケな女性と外見から判断されがちだが,図書館にいそうな女性がタイプ”といいましたが,外見から判断されがちな外見イケイケな彼女ができました.実は半年くらいになりますが笑.理想と現実,こればっかりはどの分野でも異なり合致することはないのでしょうね…笑 今年もまた更なる成長を遂げれるよう頑張りたいです! ありがとうございました!