Category: India-japan-collaborative-learning

India-Japan Cooperative Learning 2022/7/8

前回(6/3) お久しぶりです。しばらくサボってました…テクレポの締め切りもあるので簡潔に説明します! 約1ヶ月の間に何があったのかというと、インフラチームとアプリケーションチームに分かれて進めていくことになりました。 ちなみに筆者はどっちのチームにも参加してません…というのも論文発表の際に乗せる名前は4人ぐらいが望ましいらしいです。なので英語も分からないのでブログを書くことだけやりたいと思います。 次の更新がいつになるかは分かりませんが時間があればこれからもブログを書いていきます!

India-Japan Cooperative Learning 2022/6/3

前回(5/20) なんやかんやで4回目になりますね 本日はお互いの大学とその町について紹介しました!CDSLからは学部4年の富田くんと廣居くんがプレゼンをしました! 八王子ラーメンや高尾山についての説明に加え、今年新しく大学内に出来た休憩スペースの紹介なども行いました。 インドの学生もプレゼンしてくれました! キャンパスが綺麗で驚きました笑そしてプレゼンが非常に見やすかったです(内容がパクられてた部分もありましたが…笑) 互いに質問しあい、お互いのことを知れたのではないでしょうか。 この記事を見てくれている学生も増えてきているとのことなので、是非興味を持った方はCDSLに見学しに来てくださいね!!

India-Japan Cooperative Learning 2022/5/20

前回(5/13)の続きです 前回宿題としてRESTAPIについて調べる、という課題を出されました。こちらからは廣居さんと河竹さんがプレゼンをしてくれました! インドの学生も2人が発表してくれました。プレゼンが非常に作りこまれていてわかりやすかったです。 英語で発表できる良い機会だったと思われます。筆者はほぼ何も聞き取れませんでした笑 発表した2人はお疲れ様でした!!

India-Japan Cooperative Learning 2022/5/13

前回の記事の続きになります。 今週はSLACK内で軽い自己紹介を行いました。 SLACKのチームができたおかげで今後はもっとコミュニケーションが取りやすいと思われます。時間がほぼないなかでの活動でしたので次回以降、時間をもっと増やして活動を行っていく予定です。

インドの学生と顔合わせしました

国際会議への論文投稿・プレゼンテーションを目指すための、インドの大学生と共同でITを学ぶプロジェクトが始まりました。 今日は自己紹介、日程の調整、取り組む内容といった内容を話し合いました。以下大学院2年の小山さんからの感想です。 初めての経験で面白くなりそうです。インドの学生の英語を聞き取るのが難しく感じました。言いたいことがとっさに出てこないのも大変でした。これからどんな成果が出るか楽しみです。  CDSLとして初の取り組みとなります。著者はこれといって何もしませんが参加される学生は是非頑張っていただきたいです。